身体的な症状が表面化している状態のことを言います

精神的症状のない精神疾患

悩む成人女性

体に異変が出るうつの種類とは

寝ても休んでも疲れが取れない、慢性的な肩こりや頭痛が治らない、という症状は、仮面うつ病かもしれません。仮面うつ病は、身体的症状がメインに現れてしまううつ病のことです。通常のうつ病と違い、憂鬱感や倦怠感などの精神的症状が出ないため、自分も周りの人も、病気であると気づきにくいという特徴があり、気づいたときには重症化し入院が必要になった、というケースも少なくありません。うつ病は、早期発見することがとても重要です。いつもと違う体調の変化を感じたら、病気であることを疑ってみましょう。インターネットに、仮面うつ病であるかどうかのチェックリストに答えるだけで簡単に判断してくれるツールなどがあるので、それを活用すると良いでしょう。また、自分でチェックリストを日ごろから持っているのも対策法として有効です。すぐに自分の体の状態をチェック出来る環境にあれば、重症化する前に病院へ行くなど、有効な対策がとれるからです。仮面うつ病であることが濃厚になったら、結果を印刷しすぐに病院へ行きましょう。身体的症状であっても、仮面うつ病の症状は普通の内科では治療出来ません。抗うつ剤など特殊な薬の服用によって、少しずつ治していくのが基本となります。

仮面うつ病であるかどうかのチェックリストの項目は、最近疲れている、仕事ミスが増えた、寝つきが悪い、ずっと肩が凝っている、などです。すべてに当てはまるようであれば、疑いが濃厚になります。ただし、このようなチェックリストはあくまで簡単なリストでしかないので、完全に自分が仮面うつ病であることの証明にはなりません。きちんと専門の病院へ行き、医師の診断がくだって初めて病気であると言えます。そのため、自己判断で傷病手当金などを申請することは出来ませんので、覚えておきましょう。診断が下りれば、診断書をもらうことが出来ます。また仮面うつ病は、気さくで明るい人ほどなってしまいやすい傾向にあります。いつも明るく元気な自分、というイメージを崩したくない、人前で弱音を吐けない、という人が多いからです。しかし、仮面うつ病は立派な病気です。病気と診断されたら、家族や会社にはしっかり打ち明け、理解しサポートしてもらう体制を作りましょう。治療には長い時間が必要なため、場合によっては休職をしなくてはならないこともあります。治療が遅れると、そのうち精神的症状も出てしまうこともあるので、まずは治療に専念することが大切です。大切な自分の心と体を守りましょう。

Copyright© 2019 身体的な症状が表面化している状態のことを言います All Rights Reserved.