身体的な症状が表面化している状態のことを言います

身体の不調が強くみられる

悩む成人女性

精神科や心療内科で問診をします

仮面うつ病は、精神症状よりも胃の痛みや、下痢や便秘を繰り返す、頭痛や肩こり、首の痛みなどの身体の不調が強くみられる傾向があります。内科や胃腸科のクリニックを受診しても、特に異常が見られず、心療内科や精神科の受診を勧められることがあります。うつ病は増加傾向のある精神疾患ですが、老若男女を問わず誰でも罹る可能性があります。うつ病は大切な人との生死別、引越しや転職、結婚などの環境の変化、病気による体調不良などが原因で発症しやすくなります。仮面うつ病は、身体的な不調を強く感じるので、本人は気付いていないことも多いです。心療内科や精神科のクリニックでは、問診などのチェックリストを行います。インターネットのWEB上でも、うつチェックが出来るので、診察の時にチェックリストを持参するのもお勧めです。仮面うつ病は、気分の落ち込みやイライラ、情緒不安定などが見られることがありますが、通勤や通学は問題なくできる人が多い傾向があります。仮面うつ病は、入院の必要はなく通院の治療が可能なので、しばらくは通院を続けることが大事です。胃腸の不調や肩こり、頭痛などが見られる場合は、内服薬の処方をしてくれるので、根気よく続けることが大事です。

仮面うつ病は、体の不調が強く出ることが多いため、内科や胃腸科のクリニックを受診する人がほとんどです。一般的なうつ病とは違って、精神症状が軽いため、通勤や通学は問題ないことがほとんどです。仮面うつ病は放置をすると、症状が悪化する場合があるので、精神科や心療内科のクリニックで、問診やカウンセリングを受けて、チェックリストを作ってもらうことが大事です。チェックリストにいくつかの項目が当てはまっていると、うつ病が診断されることが多いです。内科や胃腸科で精密検査を受けても、体に異常が見られない場合は、仮面うつ病を疑う必要があります。症状が重くなると、朝が起きられなくなったり、体重が増加したり、減少することもあります。精神的にイライラしたり、涙もろくなったと感じている人は、うつ病を疑うことが大事です。精神科や心療内科のクリニックは、心の病気で苦しんでいる人が、通院しやすい環境が整っています。一人一人の身体や精神の症状に応じた医薬品を処方してくれます。最初から強い薬を処方されることはないので、安心して通院が出来ます。症状が軽くなってくると、薬を減薬したり、作用の軽い薬に変えてもらうことが出来ます。根気良く通院をすることで、辛い症状が改善してきます。

Copyright© 2019 身体的な症状が表面化している状態のことを言います All Rights Reserved.