身体的な症状が表面化している状態のことを言います

ひょっとするとうつ病かも

チェックリスト

身体症状といった仮面に隠されたうつ病

内科で出された薬をシッカリ飲んでいるのに体調不良が思うように完治しない、という場合、もしかするとそれは仮面うつ病かもしれません。本来うつ病は心の調子を崩す病気ですが、仮面うつ病は主に体調を崩すのが特徴です。なので周囲の人はもちろん、自分もうつ病だと知る由もなく、いつも通っている内科へ訪れます。しかし、不快な体調不良の原因は心にあるため、身体的にはとくに問題ない場合が殆どです。実際、様々な検査を内科で重ねても、内臓的には健康というケースが珍しくありません。そのこともあり、内科で出された処方薬を欠かさず飲んでも、完治することが少ない訳です。つまり仮面うつ病は、主原因のうつ病が、体調不良といった仮面で覆われた状態になります。この病気で現れる身体症状のチェックリストには、倦怠感や頭痛、それに肩こりなども含め、かなり広範囲の症状が載っており、見舞われる症状は人によって様々です。そこで、もしもそれらのチェックリストに当てはまり、なおかつ一般内科で治療を受けても良くならない時は心療内科などへ足を運びましょう。仮面うつ病は見極めるのが難しいことも特徴の1つですから、心療内科医や精神科医などの専門医に診断してもらうのが大切です。

うつ病だと自覚しにくいのは、仮面うつ病が、うつ病としては程度が軽いためでもあります。発見しにくい反面、早く気づけば早期治療に取り掛かれる状態ですから、先ずはネットで仮面うつ病のチェックリストを検索して、セルフチェックすると良いでしょう。善は急げと心療内科や精神科へ直行するのも上策ですが、ネットのチェックリストは大抵無料で使えるので試しておいても損はありません。またセルフチェックが終わったら、その結果をスマホに保存したり、プリントアウトしたりしておくのもおすすめです。そして、心療内科や精神科を受診する時にその結果を持参すれば、医師へ現状説明する補足資料として役立ちます。口頭で話すと抜け落ちる症状もありますが、チェック結果を見せればそれを防げるのがメリットです。そのうえ文書なら目を通すだけで医師も状況を素早く把握できますから、限られた診察時間を有効に使えます。もちろん、専門医の所にはキチンとしたチェックリストがあり、病名を適切に診断してくれるので安心です。病名が確定すれば治療を開始できるため、仮面うつ病の完治へ向けて大きく前進します。心療内科や精神科では抗うつ剤を用いた投薬治療も行われますが、この薬を飲めばうつ病で減少した脳内物質を増やせるのです。

Copyright© 2019 身体的な症状が表面化している状態のことを言います All Rights Reserved.