身体的な症状が表面化している状態のことを言います

症状をチェックしてみる

悩む成人女性

当てはまる点が多ければ症状が出ている

仮面うつ病というのは自覚症状があまりなく、少し体の調子が悪いなと感じる程度なので、ついつい見逃してしまう人も少なくないといいます。特に、働き盛りの人の場合、仕事を休んでもいられないことから体が発するSOSを見逃してしまう傾向が強いです。そのため、気がついたときには重度のうつにかかっていて結果的に療養や休職を余儀なくされてしまう事が多々あります。軽度のうつ病の場合、チェックリストを参考にすることをおすすめします。初期症状に多いのが睡眠障害や食欲不振、それに動悸といった症状が当てはまります。いつもよりも多少体調が悪いだけなので、初期のうつの症状であるにもかかわらず見過ごしがちな症状であると言われているのです。働き盛りの人に多いのが、まさか自分がうつ病にかかってしまうわけがないという考え方です。しかしながら、現代社会においてうつ病は誰でもかかるリスクを孕んでいるため、病気を認めて治療を始めることが早期回復に繋がります。チェックリストに当てはまる点が多く見つかった場合には、仮面うつ病である可能性が高いため、出来るだけ早く病院にかかり、カウンセリングや投薬治療の力を借りてできる限り軽度の段階で治療を始めることが大切です。

軽度のうつ病と言われる仮面うつ病の場合、精神的症状よりも身体的な症状が現れやすいという特徴があります。精神的な症状は初期段階では現れにくいことから、少し体が疲れているだけであると見過ごしてしまう傾向があるのです。特に、頭痛や倦怠感というのは仕事の疲れからでも起こりうる症状であることから、ただ単に疲労と片付けられてしまい、結果的に問題を先送りして症状を悪化させてしまうことが多いのです。そこで、重要なことは仮面うつ病の身体的症状を見逃さないことです。仕事が忙しいから、大したことではないからといって軽く考えていると、今度はうつ病が悪化して精神的症状が現れるようになります。無気力や判断力の低下というような症状はすでに精神的な症状が現れている状態であるため、手遅れにならないうちに病院で診察をうけることを強く推奨しています。仮面うつ病のチェックリストに当てはまる項目が多いほど、すでに身体的症状が現れているので、チェックリストを見逃さないようにすることです。近年、うつ病に対する理解が深まってきたことを受けて、早期の発見と治療がなされるようになりました。今までは精神論で片付けられていたことも、きちんと病気と認められ、適切な治療が行われています。

精神的症状のない精神疾患

悩む成人女性 仮面うつ病は、普通のうつ病とは違い精神的症状がなく身体的症状がメインに現れます。明るく気さくな人ほど発症しやすく、気づくのが遅れるという特徴があります。早期発見のために、チェックリストを携帯しておくなどの対策が有効です。

詳しく見る

身体の不調が強く出ます

診察室 仮面うつ病は、身体の不要が強く見られるため、本人や周囲の人もうつ病だと認識していないことが多いです。憂鬱な気分が続いたり、仕事の効率が下がったりしている場合は、精神科の病院やクリニックを受診して、チェックリストを作成してもらいましょう。

詳しく見る

身体の不調が強くみられる

悩む成人女性 仮面うつ病は、精神症状よりも体の不調が強く出ることが多いため、内科や胃腸科のクリニックを受診する人が多いです。体に異常が見られない場合は、精神科や心療内科を紹介されることが多いです。病院やクリニックでは、チェックリストを作ります。

詳しく見る

ひょっとするとうつ病かも

チェックリスト 倦怠感や頭痛や肩こりなど、体の不調が際立つのが仮面うつ病の特徴であり、普段通う内科で治療を受けても完治しないケースが殆どです。ですが心療内科などの専門医に診てもらえば、チェックリストも用いて病名を診断してくれるため、完治への道が開けます。

詳しく見る

Copyright© 2019 身体的な症状が表面化している状態のことを言います All Rights Reserved.